ガングリオンに教えてもらった、踏み出す勇気

手首にこぶができていた。とくに痛みも感じないし、違和感もない。ネットで調べてみたところ、おそらくガングリオンと呼ばれるもののようだ。放っておいても平気かもしれないが、悪いものだったら怖いので診察をしてもらいに病院へ行った。

案の定ガングリオン。手首の動脈と筋のすぐ近くにできてしまっているため、手術などはできないらしい。採血のときに使うような太い注射針を腫瘍に刺し、中からゼリー状の物質を絞り出すという治療をしてもらった。時間にして数分。あっという間に終わった。もし悪いものだったらどうしよう、手術をすると言われたらどうしようといろんなことを考えていたが、治療は本当にあっという間だった。

初めての症状、初めての病院で不安もあったが、行ってみればなんてことはない。恐ろしいのは悪いことばかり考えてしまって行動に移せなくなること。一歩踏み出してしまえば、ガングリオンのように意外とすんなり片付くことばかりだと思う。