今日から私も工場の一員

今日から家の工場経営の手伝いをすることになりました。私の両親は小さな町工場をやっていて、技術職人の父が、5名の従業員さんと一緒に小さな部品を作って企業相手に販売しています。父は経営を母に任せきりで自分は職人仕事に打ち込んでいます。しかし母も決して経営に精通した人ではありません。私が中学生の頃は、単純に物を作って売るのだから、必ず儲かると思っていました。でも実際には、商品を引き渡ししたのに相手先が倒産してお金が支払われなかったとか、入金がかなり遅れることが有ったりとか、そうなると材料費や人件費が掛かっているので赤字になります。銀行融資もいくらかはお願い出来ていますが、今まで何とかやってこれたのは、祖父が遺してくれた土地が有ったからだそうです。工場を閉めようか、という話しも何度か出ていたそうで驚きました。

それでも何とか両親と従業員さんが頑張ってくれたお陰で注文も増え、現在は経営も落ち着きました。そして先月終わりには大きな注文の納入も終わり皆ホッと一息ついていたところでした。そんな中、今日、父親がある工場用の機械を買いたい、と言い出しました。普通よりもかなり安く出ているというのです。安いといっても工場用の機械なのである程度の金額です。売り出している方もうちと同じ町工場ですが、突然社長が病気になり閉める事になったのです。その機械はまだ新しいのですが、直ぐお金が必要だという理由で、売りに出ている金額が破格なのです。うちに有る同じタイプの機械は型も古く、年数もかなり経っているので、行く行くは買い替えが必要になります。という訳でその機械が買えればうちにとっては好都合なのです。

しかし問題は即金が必要という点です。銀行融資をお願いしたとしても時間が掛かり過ぎるので間に合いません。そこで何か方法が無いか調べ、私が良いと思ったのがファクタリングです。納入し終わって入金を待っている物も幾つか有るし、定期的に受けている注文も有り、その売掛債権で良い機械が買えるのであれば多少の手数料を払ったとしてもかなり得になると思うのです。新しい機械はその値段の2倍以上するという事ですから。

ファクタリング会社は沢山あり、特徴を比較してどの会社がうちの状況に一番合うのかはこれからチェックしなければなりません。銀行系列の会社は信用度が大きいですが、大企業としか取引をしないところが多いので、ファクタリングは個人事業主も利用可能か、中小企業や個人事業主に対応していて尚且つ信用出来る会社を頑張って探そうと思います。

いつもお願いしている知り合いの税理士さんに明日来てもらえるようお願いしたので、それまでに色々調べて具体案を出して相談をしようと思います。そしてこれを機会に私も工場の経営を手伝っていこうと思います。工場を継ぐかどうかは別として、これから大学で経営学を学びながら実践できるのは私にとっても良いチャンスだと思います。とは言え、家族の生活、従業員さんの生活が掛かっているので遊び半分にはできません。とりあえず、第一歩として今回のファクタリングと機械の購入が上手く行くよう頑張ります。