ハイヤーの大変なところとして

タクシーというのは何時につくこと、というのが指定されていることではないです。あくまでそこまでたどり着くことを前提にしているだけ、ということになります。しかし、ハイヤーの場合は違うことになります。ハイヤーは到着までの時間が指定されます。早く着く分にはまったく問題はないのですが、遅れることが基本的に許されない、ということになります。タイムロスなどもってのほかです。ですから、かなり厳格な時間厳守が求められるということになりますから、これは覚悟しておくことです。それこそ、ハイヤードライバーになるための教習などもあったりする企業もあるくらいであり、それに合格しないとなることができない、ということになります。ハイヤードライバーを目指す際は、まずタクシードライバーとなることです。そこからステップアップしていくことです。それが求められます。